他サイト更新情報

【Unity】Unityからスクリプトだけで利用可能な効果音管理クラス

Unityで簡単にSEをならしたい

もともとは、こちらの「○×つくろー」さんの記事です。

こちらを参考にして作成しました。

Git

Gitはこちらです

使い方

再生方法

SoundControl.Instance.playSE(SE登録キー)

気軽にplaySEでどこからでも呼べるのでお手軽で気に入っています。

ただし、事前に効果音を登録しておく必要があります。

private SoundControl() (コンストラクタ)にて
SEを予め登録しておく必要があります。 登録には、呼び出しに指定するキーとファイル名を指定します
・「SE登録名(キー)」
・「SEのファイル名(Resourcesフォルダからのパスを記述」

audioClips.Add()を使用するSEの分だけ登録しておく必要があります。

インスペクター側を操作することなくスクリプトでどこからでも呼び出すことが出来ます。

スポンサーリンク
レクタングル大336
レクタングル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする