ブログ記事一覧

Windows CreatorsUpdate対応版MacTypeパッチがでました

これまで公開されていたMacTypeはWindows10Anniversary Update(RS1)までの対応版でした。

このままCreatorsUpdate(RS2)にすると、エクスプローラーが落ちる、ゴミ箱の削除にアクセスすると落ちるなどの不具合が発生します。

私もごみ箱を削除しようとするとエクスプローラが落ちるようになってしまいました。

この不具合に対応するパッチがでていましたので対応方法をメモします。

MacTypeパッチの入手と適用

[blogcard url=”http://www.mactype.net/station/”]MacTypeのWindows10 CreatorsUpdate対応パッチはこちらから入手できます[/blogcard]

MacTypeのWindows10CreatorsUpdate対応パッチを上記から入手します。

ファイルは「 MacType_CTP_170307_W10.rar」です。

展開するとファイルが6つありますので下記の通りコピーしてください。

既にファイルが存在する場合は上書きしてください。

【Windows10 64bit版の場合】

・EasyHK32.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%SysWOW64フォルダー内
・EasyHK64.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%System32フォルダー内
・MacType.Core.dll、MacType.dll
MacTypeフォルダー内
・MacType64.Core.dll、MacType64.dll
MacTypeフォルダー内

(%systemroot%は通常C:\Windowsなどです)

【Windows10 32bit版の場合】

・EasyHK32.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%System32フォルダー内
・EasyHK64.dll
不要
・MacType.Core.dll、MacType.dll
MacTypeフォルダー内
・MacType64.Core.dll、MacType64.dll
不要

Windows10CreatorsUpdateで無事にMacType使用時の不具合が解消されます

このように無事に不具合もなくMacTypeが有効になっています。

Windows10強制アップデートが猛威を振るっているようです。
先日、我が家の父親も自分のマシンをやられ、元に戻す作業をしました。
色々いじったようで、更新メニューからもどせなかったのでひどいめにあいました。

回避策1.2.で対策できるのもいつまでかわかりませんが、すこしでも間違いを減らすために
アップグレード不要な方はお試し下さい。

また、回避策3.は現状で強制予約のキャンセル方法となりっます。Watch movie online The Transporter Refueled (2015)live streaming film Raw 2017

回避策1.
「GWX Control Panel」をインストールして「Windows10を入手する」アイコンを表示しないようにする
GWX Control panel
ここからGWX Control Panelをインストールして下さい。

Disable Get Windows 10 Appをクリックすると
blog0411-1

下記のようになります。画面上部の赤枠で囲んだ部分がNoになっています。
blog0411-2

これで、タスクバーの邪魔なWindows10を入手アイコンが削除されます。

回避策2.
不要な更新プログラムを削除します。
・KB3035583
・KB2952664(Windows7の場合)
・KB2976978(Windows8.1の場合)

回避策3.
最近、Windows10への予約画面がさらに凶悪になり、キャンセルがわかりにくくなりました。
こちらで詳細に解説しています。
Windws10予約キャンセルの解説サイト

Iconia W4-820をまだまだ使い続けます。
Windows10のビルド10586も最近インストールしました。前より快適に動作しています。

ログイン画面の反応がもっさりしていたのが若干改善された気がします。
まだまだ現役ですよ

むしろNexus7 2012がほぼ死にそうです。ちょうどいい(値段も)Androidタブレットがあれば欲しいですね。

開発用にMacとiPhoneも欲しいので大変です

Iconia W4-820のWindows10アップデート時のドライバ更新

AcerのIconia W4-820関連で検索されている方が結構いらっしゃっるようです。

IconiaW4-820のWindows10アップデートに際して、AcerのWebサイトにはドライバのアップデートをしてください、といったことが書かれています。

ですが、Windows10向けのドライバが公開されているわけではないので改めて更新する必要はありませんでした。

これまでドライバを更新していなくて古いままだという方は、最新版にしてからWindows10へアップデートすれば安心かと思います。

また、ドライバはありませんでしたがBIOSはWindows10向けが公開されていますので以下にアップデート手順を記載しました。Watch Full Movie Online Streaming Online and Download

Iconia W4-820 Windows10向けBIOS更新について

AcerのサイトからWindows10用のBIOSが公開されていました。BIOSのバージョンは1.6です。

BIOS1.3→1.6(Windows10対応)に更新しましたが、特に問題はありませんでした(変わった点もわかりませんが)。以下の手順を参考にして下さい。

 

1.Acer公式サイトにアクセス

Acerのドライバダウンロードページにアクセス

下記のサイトが表示されるので、サイト中央より下にある

「Windows10用ドライバをこちらより~」にアクセス

acer1

2.Iconia W4-820用のページを表示する

タブレット→Iconia W4→W4-820(もしくは820P)を選択

acer2

3.BIOSファイルをダウンロード

画面下のタブにて、最初は「ドライバー」が表示されているので「BIOS」をクリック

一番上の「BIOS(For Windows10)」をダウンロード

acer3

Zipファイルでダウンロードされますので、解凍して.exeファイルを実行するだけでアップデートできます。

途中で電源がきれないように、充電しながらのBIOS更新をおすすめします

Windows10が先日配信されましたので、手持ちのタブレット[Acer Iconia W4-820]で動作確認をしてみました。

結果としては、全く問題無く動作しています!また、インストール後にドライバの導入なども全く必要ありませんでした前評判通りサクサクと快適に動作します。

画面中央に出ているエラーダイアログは[MacType]というフォント表示をいじるフリーソフトのものです。エラーが出たのはこのMacTypeだけで、それ以外は今のところ問題等発生していません。

ss3 ss4 ss6 ss5

新しいブラウザのEdgeも快適に動作しています。タスクビューも使いやすくて良いですね。

Windows10導入は手動で行いました。予約を実行しましたが、待ちきれなかったので(笑)

手動でインストールする場合は以下の通りです。

  • windows10 マイクロソフトサイトよりツールをダウンロード(32bit/64bit用の2種類あります)
  • 「このPCを今すぐアップグレードする」を選ぶとメディアを作成せずにアップグレードが始まります

a

一つ注意が必要なのは空き容量でしょうか。Iconia W4-820はもともとCドライブの容量がそれほどありません。私の場合もCドライブの空き容量は20GB前後でしたが、大丈夫でした。アップデート後は12.5GBの空き容量になっていました。

  • Windows.~BT
  • Windows.~WS

のフォルダができますのでそれらを整理しても良いかもしれません。

Iconia W4-820を使っている皆さんは安心してアップデートできます!