他サイト更新情報

【Windows】Windows 10 Creators UpdateにてMacTypeの不具合対応パッチがでました

Windows CreatorsUpdate対応版MacTypeパッチがでました

これまで公開されていたMacTypeはWindows10Anniversary Update(RS1)までの対応版でした。

このままCreatorsUpdate(RS2)にすると、エクスプローラーが落ちる、ゴミ箱の削除にアクセスすると落ちるなどの不具合が発生します。

私もごみ箱を削除しようとするとエクスプローラが落ちるようになってしまいました。

この不具合に対応するパッチがでていましたので対応方法をメモします。

MacTypeパッチの入手と適用

MacTypeのWindows10CreatorsUpdate対応パッチを上記から入手します。

ファイルは「 MacType_CTP_170307_W10.rar」です。

展開するとファイルが6つありますので下記の通りコピーしてください。

既にファイルが存在する場合は上書きしてください。

【Windows10 64bit版の場合】

・EasyHK32.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%SysWOW64フォルダー内
・EasyHK64.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%System32フォルダー内
・MacType.Core.dll、MacType.dll
MacTypeフォルダー内
・MacType64.Core.dll、MacType64.dll
MacTypeフォルダー内

(%systemroot%は通常C:\Windowsなどです)

【Windows10 32bit版の場合】

・EasyHK32.dll
MacTypeフォルダー内と%systemroot%System32フォルダー内
・EasyHK64.dll
不要
・MacType.Core.dll、MacType.dll
MacTypeフォルダー内
・MacType64.Core.dll、MacType64.dll
不要

Windows10CreatorsUpdateで無事にMacType使用時の不具合が解消されます

このように無事に不具合もなくMacTypeが有効になっています。

スポンサーリンク
レクタングル大336
レクタングル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする